「けんかつ鉄道フェア2019」連動企画展示「埼玉と鉄道」開催

2月16日に実施する「けんかつ鉄道フェア2019」に伴い、連動企画展示「埼玉と鉄道」を開催します。

明治16年に上野~熊谷間に高崎線が開通し、2年後には高崎線と東北線の分岐点として大宮駅が設置されました。

その後も新幹線の開通などに伴い、埼玉県は大宮を中心として交通の要所としての機能を発展させてきました。

これら、埼玉県内の鉄道の歴史を振り返り、鉄道とともに発展してきた町の様子なども含めたパネル、写真、鉄道グッズなどを展示します。

ぜひ、ご覧ください。

 

日時:2019年2月10日(日)~2月24日(日) 9:00~18:00 ※2月18日の休館日を除く

会場:埼玉県県民活動総合センター 2階 情報センター

費用:入場無料

企画展示「埼玉と鉄道」